Event is FINISHED

公開研究会「デザイナーが組織にもたらす可能性を探る -デザインキャリアのこれまでとこれから」

Description
9月18日(金)20:00〜21:30、オンラインにて、公開研究会「デザイナーが組織にもたらす可能性を探る -デザインキャリアのこれまでとこれから」を開催します。

近年、組織に所属するデザイナーの役割が急速に多様化しています。元来、デザイナーという職業に対するパブリック・イメージは、プロダクトデザインやグラフィックデザインなどの「かたちづくるデザイン」の担い手としての印象が強く、職人的な役割を思い描く人も多いかと思います。しかしながら、デザイナー特有の発想プロセスに着目した「デザイン思考」の隆盛を経て、プロジェクトマネジメントや組織内コミュニケーションといった具体的なアウトプットを伴わない活動もデザインの対象として捉えられるようになってきています。

組織におけるデザイナーの役割とは何なのでしょうか?
あるいは、デザイナーとして培ってきた職能は、組織でどのように活かせるのでしょうか?

こうした問いを出発点に、本イベントではデザイナーとしてのキャリアを経て活躍する3名のゲストをお招きし、ホストを務めるミミクリデザインの瀧知惠美とともに、2010年代における組織内のデザイナーの役割の変遷をふり返ります。登壇者の4名は、所属こそ異なりますが、主にUXの領域でデザイナーとしての経歴を持ち、学生時代にはmixiやGREEの流行、そしてその直後のスマートフォンの急速な普及など、激しく変化する業界の中で自らのキャリアを開拓してきました。今回はこうした社会の急速な変化に柔軟に適応してきた4人の視点と、参加者の皆さまからの意見を織り交ぜながら、これからのデザイナーのキャリアの可能性を探っていきます。

デザイナーという存在がもたらす組織内部への影響と、プロダクトやサービスなど組織の外側への影響といった2軸からデザイナーの職域の多様化と向き合い、これからの時代を担うデザイナーとしてのキャリアやそのあり方を紐解いていきます。

現在組織の内外で活躍するデザイナーの方はもちろん、デザイナーとしての職能や考え方に興味のある方、昨今注目を集めるデザイン組織といったキーワードに関心のある方など、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

○ゲスト・話題提供
坂田一倫(Ubie株式会社 プロダクトオーナー)

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、楽天株式会社にてUIデザイナーとしてキャリアをスタート。ウェブサービスの改善や新規事業の立ち上げに従事。その後、株式会社コンセント、株式会社リクルートテクノロジーズにてウェブサービスの中期UX戦略の策定から実務の遂行を担当し、2016年に前職である Pivotal Labs Tokyo にプロダクトマネージャーとしてジョイン。クライアントと一体となった LeanXP の思想に基づくプロダクト開発を行い、企業の DX を支援。2020年9月にUbie株式会社に転職し、AI受診相談ユビーのプロダクトオーナーに就任。

○ゲスト・話題提供
金子剛(600株式会社 UXデザイナー / BizDev)

新卒でヤフー株式会社に入社、株式会社サイバーエージェントで新規事業立ち上げの下積みを経て、株式会社リブセンスで開発チームのリーダーを経験。弁護士ドットコム株式会社でデザイン部を立ち上げ、現在は無人コンビニ事業のスタートアップにてウェブを飛び出しハードウェアのExperienceを設計中。傍らで多数のスタートアップの採用顧問や、新規事業立ち上げサポートを副業として行う。事業立ち上げと組織設計に強いUXデザイナーとして活躍中。

○ゲスト・話題提供
浦田伸男(テックファーム株式会社 Lead Service Designer)

テックファーム株式会社にてエンジニアとしてキャリアをスタート。開発だけでなく、独自に担当サービスの改善活動をするなかで、グロースハック・サービスデザイン を独学で習得。その後、サービスデザイナーへ転身。フィットネス・医療・小売・金融等、幅の広い業界クライアントのサービスデザインや改善を担当し、再訪率70%の新規サービスや、MAU300%アップの改善などを手掛ける。並行してデザイン部署の組織づくりや育成、外部セミナーへの登壇活動にも従事。2020年9月、同社最年少でLead Service Designerに就任。座右の銘は「より働き、より改善し、より迅速に、より強くなれ。時間は過ぎていくが、やるべきことは決して終わらない。by Daft Punk」

○企画・ファシリテーター・話題提供
瀧 知惠美(株式会社ミミクリデザイン Director / Experience Designer)

多摩美術大学情報デザイン学科卒業。東京藝術大学デザイン科修士課程修了。多摩美術大学、東海大学非常勤講師。ヤフー株式会社にて複数サービスのUXデザインを担当し、所属部署でUXデザインチームのマネージャーを務める。UXデザイン推進活動としてワークショップ型の研修やUX導入の実務支援を行い、組織へ浸透させるための、ふり返りの対話の場づくりの実践および研究を行う。ミミクリデザインでは、よりよいユーザー体験につながるモノ・コトを生み出すために、つくり手の体験も重要と考え、事業開発と組織開発の組み合わせ方を実践と研究の両軸を重視しながら探求している。


○日時
2020年9月18日(金)20:00〜21:30


○当日の流れ(時間は目安です)
20:00- イントロダクション
20:10- 話題提供:4人のキャリア紹介
これまでのキャリアをふり返り、4人の共通点と違いを探る
20:50- ディスカッション:内向きの変化(組織への影響)と外向きの変化(プロダクトやサービスへの影響)を考える
4人の内向き/外向きの変化を紹介
これからのデザイナーの変化予想
21:20- クロージング
※クロージング後、最長30分程度アフタートークを実施する可能性があります。
※チャットを通じた質疑応答はありますが、ワーク等はございません。耳だけの参加も可能です。


○場所
ZOOMウェビナー
(お申し込みいただいた方に個別に参加URLをお送りします)


○参加費
一般:2,000円
WDA会員:無料
※領収書はPeatixから発行可能です
※有料オンラインコミュニティ「WORKSHOP DESIGN ACADEMIA(WDA)」のメンバーは2,000円割引きさせて頂きます
※今、WDAにご入会いただくと、本イベントも無料でご参加いただけます。


○定員
先着300名程度


○参加にあたってのご注意
・本イベントの様子は写真や映像で記録させて頂きます。写真や映像記録はCULTIBASEのイベントレポートやCULTIBASEの運営元である株式会社ミミクリデザインおよび株式会社DONGURIの広報物として掲載する場合があります。目的外での使用は致しません。
・チケットを事前にご購入いただく必要がございます。お申し込み後の返金は出来ません。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が発生する可能性がございます。その場合においても返金等にはご対応いたしかねますことを予めご了承ください。(プレゼンターの回線不具合がひどい場合には、参加者の方限定でアーカイブ動画を配信させていただきます)
・キャンセル待ちなどのシステムがありません。希望のメッセージをいただいても返信ができない場合があります。
・ネットワークビジネス、マルチ商法、宗教による勧誘、政治的活動は禁止させていただいております。また、その他、当社のイベントの信用を棄損する一切の行為、他の参加者に迷惑をかけたり、不快にさせる行為はご遠慮ください。

○主催
CULTIBASE
Fri Sep 18, 2020
8:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット(一般) SOLD OUT ¥2,000
参加チケット(WDA会員) FULL
Organizer
CULITBASE|組織イノベーションの知を耕す。
5,061 Followers

[PR] Recommended information